初めて塾に行ったのは、中学校1年生の時です。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

初めて塾に行ったのは、中学校1年生の時です

初めて塾に行ったのは、中学校1年生の時です。

それまで塾に行ったことがなかったのですが、中学校に入学し、同級生皆が塾に通っているということを知って、何だか自分だけ取り残されているような気分になりました。
それで、母にどうしても行きたいと無理を言って、塾に通うことができたのです。

私が初めて通った塾は英語塾でした。
小さな町だったため、英語塾はそこ1つしかありませんでした。
初めて塾に行った時は、ビックリしてしまいました。
塾の先生が、とても英語を教える先生には見えなかったのです。
ステテコにランニングシャツを着て、使っていたメガネはセロハンテープでぐるぐる巻きにされていました。
授業の間中、そのメガネを気にされていて、私は驚くあまり、授業になかなか集中できずにいました。
それで、度々先生と目が合ってしまって、本当に気まずい思いをしました。

いくら田舎とはいえ、これはないのではないかと思いましたが、周りの友達は真剣に勉強していて、それにも戸惑ってしまいました。