初めて学習塾に行ったのは、中学3年生の冬休みでした。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

初めて学習塾に行ったのは、中学3年生の冬休みでした

初めて学習塾に行ったのは、中学3年生の冬休みでした。
クラスメイトたちは中学校に入学した直後から学習塾に通っていたようなので、私はかなり遅めだったのかもしれません。
学習塾に通おうと思ったきっかけは、受験勉強の総仕上げを学習塾で行いたいと思ったからです。
それまでは、受験勉強に備えてずっと自分のペースで学習を進めてきました。
そんな中、学習塾に通うことで再確認できることがあるのではないか、と思ったのです。

学習塾に行った初日は、その雰囲気にとても緊張しました。

でも、周りには知っている人たちもいたので、すぐにその雰囲気に打ち解けることができました。
中でも特に思い出に残っているのは、講師に受験の際の注意点なども教えてもらえたことです。
解らないことを理解できるまで教えてもらえるのは勿論のこと、受験する時の注意点やコツなどもアドバイスしてもらえたのです。

このアドバイスは、受験当日に非常に役立ったことを、今でも覚えています。ちなみに、私が通っていた学習塾には、当時好きだった男子も偶然通っていました。
短い期間ではありましたが、彼と机を並べて学べたことも良い思い出の一つになっています。