高校2年生の時、夏期講習に行ったのが、私にとって初めての予備校経験でした。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

高校2年生の時

高校2年生の時、夏期講習に行ったのが、私にとって初めての予備校経験でした。
それまで割とのんびりした高校生活を送っていましたが、大学受験を意識し始めた両親の勧めで、夏休みに仲のいい同級生たち数人と予備校の夏期講習への参加を決めたのです。

講習は、学校の授業より少人数制で行われ、雰囲気の違いをかなり感じました。
講師の先生方は、エネルギッシュで高いテンションを維持して授業を行っており、のんびりしていた私たちも、受験の厳しさを意識させられました。
受験用の授業というものが初めてだったため、面食らう部分もありましたが新鮮でしたし、その後の長い受験勉強にとても役立つ経験になったと思います。
高校3年生の時の夏期講習では、皆がかなり切羽詰まっていましたが、高校2年生の時に行った初めての夏期講習では、私にも友人たちにも緊張感はまだ少なく、仲がいい者同士、一緒に教室に通うのがとにかく楽しかった、という思い出が残っています。

お役立ち情報