塾にせよ予備校にせよ、複数の生徒が一つの教室に集まって一緒に授業を受ける訳ですから、学校と同じように「仲の良い友達が上手く作れるかどうか」が、落ち着いた精神状態で勉強でき

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

塾にせよ予備校にせよ

塾にせよ予備校にせよ、複数の生徒が一つの教室に集まって一緒に授業を受ける訳ですから、学校と同じように「仲の良い友達が上手く作れるかどうか」が、落ち着いた精神状態で勉強できるか否かを左右する結構大切な要素だと思います。
私の予備校時代と言えば、高校時代に仲の良かった友達は軒並み志望大学に現役合格してしまったので、文字通り顔見知りは一人もいないという大変心細い状態で初めての授業に臨んだのを、今でも明確に記憶しています。
お昼ご飯を食べるのも予備校の教室だったのですが、自分の席の隣の子も偶然1人で食べていたので「この子も私と同じように、知り合いが誰もいないのかも」と思い声を掛けてみたところ、予想通り私と似たような境遇だと言うので、スグに意気投合して友達になれたのが大変ラッキーでした。

その後も互いに切磋琢磨して、一緒の志望大学に見事合格し、卒業した今でも文字通り「親友」と呼べる私にとって掛け替えのない存在となっています。

お役立ち情報