高校生になった時、数学の塾へ初めて通いました。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

高校生になった時、数学の塾へ初めて通いました

高校生になった時、数学の塾へ初めて通いました。

その塾は、すごく授業が難しいことで有名でした。
元学校の先生がやっている塾でした。
東京工業大学出身の先生でした。
その塾に最初に行った時、周りを見て驚きました。
同じ中学校の成績が上位のものばかりだったからです。
なんとすごい生徒が集まっているのだろうと思ったのです。

この塾へ通っていた人は、国立大学へ入学する人が多かったのです。
その為、国立を目指している人は皆この塾に来るという感じでした。
周りを見た時、成績のいい人ばかりだったので、圧倒されたのを覚えています。
当時、私も中学校でトップクラスにいたので、皆ライバルだと思ったのです。
この塾で勉強するなら、周りの連中には負けるわけにはいかない、と思ったのです。
何か圧迫感をすごく感じました。

初めて塾に行き、帰宅してから、負けてはいけないと思って、早速必死で勉強したのを覚えています。いい塾というのは、成績のいい奴が集まるのだなと感心しました。

お役立ち情報