とんでもなく昔のことですが、塾にも予備校に通いました。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

とんでもなく昔のことですが、塾にも予備校に通いました

とんでもなく昔のことですが、塾にも予備校に通いました。

私が学生の頃は塾は一般的ではなく、クラスでも塾に行っていたのは私だけだったかもしれません。私は塾が嫌いで、行っても行かなくても成績は変わらなかったのですが、知り合いが塾をやっていたので、義理で通わされていたのです。
そういうのって大人の都合ですから、私は煩わしくうんざりしていました。
どうやってその塾を辞めたのかは覚えていませんが、高校の2年間くらいは通ったような気がします。
そして、大学受験になり、第一希望に落ち、なんやかやがあって予備校に行くことになりました。
大学に落ちる、そして浪人という境遇になろうとは思ってもみなかったので、真っ暗な気持のまま予備校に行きだしました。
最初の日、他の予備校生は周りの学生には目もくれず、世界に我一人みたいな顔で予備校に入っていくのを見て、これまた気後れしたのを覚えています。
予備校生は自分の成績のことだけを考える特殊な立場だけど、世間では色々なことが起こり、そんな中には若い人たちだって考えなきゃならない事柄もあるのに、それを脇にどけ、来年大学に入ったら世間の諸問題にも関わることになるから、とは随分都合の良い話だ、と思ったりするのでした。

という具合で、他の予備校生と比べたら、私は完璧に気が散っていました。