大学受験の時に初めて塾へ通いました。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

大学受験の時に初めて塾へ通いました

大学受験の時に初めて塾へ通いました。
今までは学校の授業だけで大丈夫だと思い込んでいたところがあったのですが、親が心配して塾に行った方が良いと薦めてくれたので通うことにしました。

塾通い初日のことは、昨日のことのように覚えています。組分け試験が開催されたのです。
あまり勉強をしていなかったころでしたので、いきなりの組分け試験には驚きましたが、これを受けないと自分のレベルに合わせた授業を受けることができないと思って、しっかりと受けました。
その結果、下から2番目のクラスになってしまいました。
かなりショックでしたが、これが現実だと悟って、そこから死に物狂いで勉強を始めました。

塾に入ったことで本当の自分の実力を知ることができましたし、そのお陰で受験勉強に対して真剣な姿勢になり、見事第一志望校を合格することが出来ました。
あの時何も考えずに、学校だけの授業を受けていたら、合格はしていませんでした。

小学6年生の時、初めて塾に通いました

小学6年生の時、初めて塾に通いました。
当時通っていた小学校での成績は、その学年の上から5人の中に入っていました。
希望の高校に入学するため、中学に上がる前から毎月高いお金をかけて自宅から少し遠いところにある有名な塾に通うことになりました。

入塾の時に、両親と私と塾長とで面談があり、国語の漢字や社会の歴史についてどのように覚えていけばよいかのコツを教えてもらいました。
そのコツが印象的だったので、今でも記憶に残っています。また、その塾に入塾し塾のクラスに入った時、同じ小学校の学年トップの子と同じクラスになったことにも驚きましたし、その学年トップの子以上の小学生がそのクラスにいた、ということにも驚きました。

ライバルはその小学校だけでなく、その地域にある小学校全ての人であることをその時に知りました。
塾で一生懸命勉強し、テストで良い点数を取ると、その塾オリジナルのノートがプレゼントされて嬉しかった、というのも思い出に残っています。